38年目の出会い


「人類の進歩と調和」「EXPO70」、日本万国博覧会
大阪で行われたこの博覧会は当時小学生であった私に強烈な印象を与えた
確かにある未来がここで見られる、そこにどんなに行きたかったか。でも
それはかなえられませんでした、1970年の春、仕事の関係で外国に数年間
住むことになったからです。

ものすごく悔しかったけれども、どうしようもなかった私は、届けられる
日本語新聞の記事を食い入るように見つめ出店者のパピリオンの広告を
切り抜いてスクラップしたものでした。
帰国後何十年たっても大阪に用はまったくなく、それは遠い過去の物語に
なっていました。
その万国博覧会跡地に今週ついに立ち寄る事ができました。
「太陽の等」それはそこにありました。そして今は静かなこの土地で確か
にこの場所であのエネルギーの固まりのような博覧会があったのです。

38年目にしてやつとこの場所に立つ事ができた、ちょっとした感動でした。

Comments 0

Leave a reply